当院のご案内

当院のご案内


MRI(核磁気共鳴装置)
放射線を使用せず、任意の全身の断層面を撮像することができます。





CT(コンピューター断層診断装置)
断層面を弱いX線を用いて撮像が可能です。MRIよりも短時間で行えます。





内視鏡検査
・胃内視鏡検査

先端に付けた超小型テレビカメラを 鼻から入れることにより負担を少なくし、胃粘膜を直接観察し診断できます。

・大腸内視鏡検査
肛門から挿入して大腸の内側を観察します。ポリープやがん、出血・炎症等を観察し診断できます。





エコー(超音波)検査
超音波(2.5~10MHz)を発生させ、 反射してくる音響の強弱を画像に表す方法です。